前へ
次へ

リフォームする不動産売却というのもある

アパートやマンションの不動産売却は簡単にできそうですが、実際には難しいケースもあります。売り手に問題が生じたり、買い手に問題が生じたりします。不動産売却では価格の交渉ができますが、これも売り手に有利になる条件を貫き通すことにより、なかなか条件がのめずに交渉決裂となり不動産売却が長期化する場合もあります。かといって、買い手に有利になる交渉というのは安くして欲しいという値下げ交渉です。そうなれば、売り手だけが損をしてしまいます。もちろん、成功例としては、リフォーム予算が無いために買い手がリフォームをするのであれば値下げするといった内容でしょう。今は、リフォーム済での不動産売却が当たり前になっていますが、そのリフォーム費用は売り手の負担になります。また、リフォームをしたからといってデザイン性がナンセンスとなるなら、買い手はつきにくくなるでしょうから、それならば、価格を下げることとリフォームをすることを条件に交渉するほうが双方で納得がいくでしょう。また、マンションという不動産売却と一戸建ての売却では、どちらも売り手にフリになりがちです。一戸建ては立地がものをいいますし、間取りがぴったりマッチする家族構成であったり、似たりよったりなライフスタイルであれば、住心地、暮らしやすさを得られるでしょう。しかし、そうしたピンポイント需要は少ないもので、万人受けする建物となるマンションのほうが不動産売却では売りやすいといいます。しかし、マンションならば、一戸建てよりも人の出入りも多いでしょうから、建物の劣化もネックになります。建物の劣化は例えば、賃貸物件として不動産投資したい者が利益を出すために購入したいのであれば、売り手から購入するのはデメリットになります。それこそ、大規模な修繕工事が済んだばかりなら、不動産売却もスムーズに行くでしょうし、買い手も不動産投資に利用しやすくなるでしょう。ちなみに、不動産売却では建物の築年数や状態などが物を言います。しかし、マンションに限っては、立地さえ良ければ売れるというのも本音、事実です。

https://www.eidaihouse.com/search/?c=3
あなたの住みたいマンションが永大ハウスで見つかります

https://www.eidaihouse.com/
宮城県仙台の不動産会社「永大ハウス工業」です

仙台 不動産売却

Page Top